赤嶺姉妹

About Us

「琉球舞踊 八曄流餘音の会 」免許を授与され、東京を拠点として沖縄をはじめとする国内で活躍する沖縄県那覇市出身の姉妹による舞踊パフォーマンスユニット。姉・奈津子6歳、妹・真希6歳からそれぞれ前田千加子師範に入門。姉妹独自の踊りのセンスとパフォーマンススキルを以って高く評価され、首里城公演や国立劇場おきなわ主催公演等出演。沖縄タイムス社主催芸術選抜コンクールにて琉球古典舞踊の部最高賞受賞をはじめ数々の受賞歴を誇る。2014年、教授免許を伝授され、東京都港区に関東支部を構えてから主に東京エリアを中心とした活動を展開開始。2018年には初の海外公演となるカナダJapan Expo出演予定。

Akamine Natsuko

赤嶺 奈津子(姉)

Akamine Maki

赤嶺 真希(妹)

琉球舞踊界を背負って立つ姉妹へ
解説:輪島達郎 青山学院女子短期大学現代教養学科准教授

赤嶺姉妹は幼少時に八曄流家元・前田千加子師に入門して以来、ともに切磋琢磨し、琉球舞踊を生活の一部としてきた。大人になり、それぞれに豊かな持ち味をそなえて、たがいに尊敬しあい、刺激しあってますます成長し、20代にしてすでに堂々たる風格を帯びている。赤嶺姉妹は「売り出し中の姉妹ユニット」にありがちな軽薄さとはまったく無縁だ。赤嶺姉妹の踊りは、厳しい鍛錬によって正統的な伝統芸能を継承することでしか生まれない美と感動に満ちている。幼いころからともに研鑽してきたからこそピタリと合う呼吸。たがいの骨格や肉付きさえ自分のことのようにわかる身体の共鳴。そんな赤嶺姉妹による古典舞踊「高平良万歳」は、おそらく2人で踊る「高平良万歳」としては誰も真似のできない境地にある。(もともと組踊「万歳敵討」では謝名の子と慶雲の兄弟による踊りである。)赤嶺姉妹は将来、琉球舞踊界を背負って立つ姉妹となるであろう。

過去の出演歴

2003年        まなびピア沖縄フェスティバル

2004~2009年      首里城公演「舞への誘い」

2007年        国立劇場おきなわ主催「雪払い」

2010~2013年     池袋サンシャイン「沖縄めんそーれフェスタ」

2010年        三軒茶屋まんまるの木にて「琉球舞踊の夕べ」

           沖縄タイムス社主催国立劇場おきなわ「継承への道」 

2013年        国立劇場おきなわ主催「うりずんの舞」  

2014年        ブルガリアのソフィアにて文化交流会

           東京都羽村市主催「琉球舞踊公演」

           三重県伊勢市 敬老施設開所10周年記念式典

           母校である青山学院女子短期大学のグリーンパーティー

           青山学院の校友会「緑伝会」

           語学留学のため単身で渡ったカナダ、トロントにて文化交流

2015年        葛飾菖蒲まつりのステージ

           台湾で開催された日台交流会

2016年        アジア電子オルガンアートフェスティバル

           きゅりあん小ホールにて八曄流餘音の会東京支部自主公演『あけもどろの舞』

           ハワイで行われた琉球筝曲保存会のハワイ支部設立記念公演

2017年        獨協大学父母の会主催『日本文化の多様性』 

           青山学院大学 公開講座

           イオン品川シーサイド店 沖縄フェア

           青山学院女子短期大学 同窓会『三線と琉球舞踊に親しむ午後』

2018年        第8回 琉球古典音楽の会

           沖縄芸能協会創立50周年記念公演

今後のスケジュール

 
 
 
 

琉 球 舞 踊  八 曄 流 餘 音 の 会

〒141-0022 品川区東五反田4-7-20相生ビル1F

 電話 03-6277-0701 

稽古時間 / 火木 16:00時から・土 12:00時から (見学予約制)

  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸

© 2018 proudly by Akamine Sisters